AIUな生活

元AIU(国際教養大学)生による大学生活の記録と英語小論文対策。
3

C日程 英語小論文対策を始める

AIUに興味が無い人には申し訳ないですが、
最近ずっとご無沙汰だった英語小論文系の記事を書こうと思います。

おそらくこの時期からだんだんと英語小論文の対策を始めると思うんだけど、
まず何から手を着ければいいのか分からない人が大半だと思います。
英語小論文は一般的な記述形式の問題とは異なり、
ベースとなる知識・単語力・文章力・論理的な表現力などが必要になってきます。
語数も300~500語と、受験生にはなかなか大変な量です。

こんなに大量の英語小論文をいきなり書こうたって、
3年ぐらい海外に滞在したなどの経験が無い限りおそらく無理でしょう。
ライティングスキルは思った以上に身に付きにくいものです。
2週間に一度ぐらいの頻度で1000語以上のエッセイを書いてる我々ですら
まだまだ未熟です。

それにC日程の倍率は毎年8~10倍ぐらいと、非常に突破しにくい関門となってます。
つまり、自分の周りにいる約10人の学生の中で
一番良い英語小論文を書かなきゃいけないってことになる。

こんな強敵と戦うにはさまざまなステップを踏みながら対策していく必要があるんだけど、
まず始めに出来ることを書いてみようと思います。


「英語小論文って何?どういったことをすればいいの?」
と感じる方はオレのブログの過去の記事を参照してみてください。
どっかに英語小論文の概要みたいなものがあったはずです。
探すのが面倒だと思うので、とりあえず昔の記事を2つ載せときますね。

C日程対策
エッセイの書き方①

他の記事はサイドバーの「Category→英語小論文orC日程対策」から飛べます。

ある程度英語小論文でやらなきゃいけないことを知ってる人には、
Z会の「実践編 英作文トレーニング」っていう参考書がオススメです。
オレは一番初めにこの本を使って勉強してました。

いきなり小論文を書くことから始めるのではなく、
まずは少ない語数から書き始めてみるのです。
例えば20語レベルから。
日本語の文章を英訳する感じのことから始めるんです。
ただ頭の中で英訳するんじゃなくて、英訳しながらちゃんと紙に書いていきます。
地道ですが、自分の文章力に自信が無い人にはこの方法がオススメです。
途中で分からない単語やフレーズに出くわしたら
もちろん辞書を使って調べ、自分の頭の中にしっかりと記憶していきます。

20語レベルから始めて、だんだんと書く語数を増やしていくんです。
そうすると100語ぐらいの短い文章を書けるようになってきます。
Z会の「実践 英作文トレーニング」では確か100語レベルの文章まで扱ってます。

100語レベルまで到達すると、
文と文を繋げるための接続詞なんかが必須になってきます。
英語小論文ではこの接続詞が非常に大事なのです。
違う言葉で「ディスコース・マーカー」って言うらしいんですけど(こちらを参照)、
これを駆使することによって論理的な文章が書けるようになってくるのです。
まぁこれは文章を書くことに慣れたら手を着けるべき事柄なので今はあえて触れません。

とにかく、まずは「書く」ということに慣れるのが非常に大事です。
書けるようになるためには、ひたすら書くしかありません。
手に感覚を染み込ませるようにひたすら書くんです。
ギターと一緒だね笑

そして文を書く上でのパターンを身に付けて欲しい。
例えば、「ここではこの表現を使おう」といった具合に。
こうやって自分なりの書き方というものをマスターすれば
めっちゃ書けるようになってきます。

もちろん書く練習と同時に英単語の勉強も欠かさずやって欲しい。
でも英単語だけ覚えようとしてもなかなか頭に入らないもので、
オレはこれが嫌でよく文章と一緒に覚えるようにしてました。
例えば、
自分が練習で書いた文章の中に出現した新しい単語を覚える
といったように。
そうすればその単語の用法も一緒に理解することが出来るので一石二鳥です。
あとは・・・ベタなところを突けばZ会の速単とかね。


自分なりに
「短い文章だけど、結構自分の書きたいように書けてきたかなぁー」
って思える程度になって初めて300語以上を目標にして本格的に練習を始めます。
ここから先は制限時間を意識してみたり、
語数を意識してみたり、
論理的な展開に意識してみたりと、
結構ハイレベルな練習になってきます。

とりあえず今日はここまで!

該当の記事は見つかりませんでした。

-3 Comments

70 says...""
うは( ̄□ ̄;)
小論文でさえ苦手なのに・・・
英語なんて(つД`)
大学の授業で、毎回英語で日記を書かされていましたが・・・
それでも単語力のなさにチーンってなってました( ´_ゝ`)
毎日続けていれば、それなりに書けるようになっていくのかもだケド・・・
続かないのが現実(´;ω;`)
2008.11.27 01:52 | URL | #- [edit]
ドゥー says...""
 英語の小論文って、すごいですね(゜▽゜)/。
 英語に自信があるはずの僕は、すぐにお手上げですけどね。
 
それでは、小論文(英語)を頑張ってくださいね(^_^)/。
 
2008.11.27 23:39 | URL | #- [edit]
もっそ says...""
返事遅れてしまいました。。

*なおさん
単語力の無さには確かにチーンってなります(泣
あっ、藍坊主行って来ましたよ!!


*ドゥーさん
去年は嫌というほど書かされました・・・。
でも毎日続けてれば意外と慣れるもんです!
僕は書く側じゃなくて教える側なんですけど、頑張っていきます!
2008.11.30 19:03 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://aiubaseman3.blog74.fc2.com/tb.php/215-86133842
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。