AIUな生活

元AIU(国際教養大学)生による大学生活の記録と英語小論文対策。
1

二重国籍

以下のページからこんなものを抜粋しました。

→ 国際結婚を考える会
   http://homepage3.nifty.com/amfe-community/WhatsNew/Passport.html


以下はコピペした文章です。

>ここから

(法務省入国管理局の見解)

 わたしたちが日本の法務省で得た知識は、「日本への出入国に関しては日本のパスポートを使う。外国で何を使おうが一切関知しない」というものであった。大阪入国管理局入国審査部門首席審査官と私たちのやりとりが参考になると思われるので、「国際結婚を考える会・ニュース」から抜粋してみよう。(Qは会員の質問、Aは審査官の回答)

Q:重国籍者が日本から出たり(出国)、日本に入ったり(入国)する場合、日本と外国両方のパスポートを提示する事が要求されていますか?

A:いいえ。日本のパスポートだけで充分です。

Q:あなたは外国のパスポートを持っているのではありませんか、と係官が聞くような場合はないのでしょうか。

A:いいえ。私たちには、その人が日本のパスポートを持っているか、いないかが知りたいのです。日本のパスポートがあれば日本人として扱い、その上外国のパスポートをもっているかどうかは問題ではありません。日本のパスポートを持っていなければ、外国のパスポートをみせてもらうことになる訳です。ですから、重国籍者は日本の出入国では、必ず日本のパスポートを使うようにしてください。二つあるからどちらを使っても良い、というわけにはいきません。外国のパスポートで入国するとそれ以降外国人として扱われます。また出国の際外国のパスポートを使おうとすると、外国人登録証も一緒に提示しなければなりません。日本に入る外国人にはかならず在留資格が与えられているわけですから、それを持たないのはおかしい、だから外国人としての出国は認められません。

ただし、外国では、どのパスポートを使おうと私たちの関知するところではありません。

Q:外国では、日本のパスポートだけ使ってもいいし、もう一つの外国のパスポートだけを使ってもいいのですね。

後者は二つのパスポートを使いわける、ということですが、このやり方では日本のパスポートには、日本国への出入国のスタンプばかり押されていて、どこの国へ行ってきたのかは、まったく記録がないことになります。これは不自然だ、と係官からとがめられたり不利益を蒙る事はありませんか?

A:ありません。それよりも日本に外国人として入って来る方がなにかにつけて不利になりますよ。

(外務省の見解)

 二つのパスポート使用に関して外務省の回答がほしかったので1990年11月、「国際結婚を考える会」は外務省へパスポート使用に関して問い合わせをした。同省は、「二重国籍者が二つのパスポートを所持し、使い分けることは何ら問題はないが、日本への出入国は日本のパスポートを使うことが原則」と回答した。

>ここまで


これを読む限りでは、
オレは日本とイギリスの二国間を自由に行き来出来るみたいです。
そしてビックリしたのが、
20歳で国籍を選択しないといけないと思ってたのが、実は22歳までOKだったんだね!
だから「国籍を選択しないといけない」っていう心配を抱えて留学する必要ないみたい。

こういう情報をもっとオープンにして欲しいなぁーって感しました。
だって20年間二重国籍を持って生きてきて、こういったことを今知った。
それも、留学があるからこそ知った。
だから海外に行かない二重国籍保持者は
この事実を知ることなく生涯を終えるかもしれない。

今では「二重国籍の廃止(=国籍の選択)」を厳しくしようという動きが
国内でも広まりつつあるみたいだけど、
これって人権侵害に値するんじゃないかな。
混血として生まれてきた人間の、半分の血を吸い取るようなもんだよ。
実際、22歳で国籍を選択しなきゃいけないオレもそういう気分になりそうだよ。

こういうのって、
実際に混血にならないと味わえない複雑な問題だよ。
感情的にもかなり複雑になる。

でも上に載せた文章が正しければ、
今回はビザ申請無しでイギリスに行けることになりそうです!

とりあえず良かった良かった。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://aiubaseman3.blog74.fc2.com/tb.php/213-0ddbf1d1