AIUな生活

元AIU(国際教養大学)生による大学生活の記録と英語小論文対策。
0

C日程対策

どうしても載せたい記事があったので、自分が以前経営してたブログから引用してきました。受験生に役立つと思います!まぁ・・・このブログに受験生がたどり着くのはいつになるか分からないけど(笑)

国際教養大学のC日程についての記事です。


とりあえず国際教養大学のC日程は・・・、

①ある程度の英語力(センター170点台でも全然OK)
②書いた文章を添削してくれる先生
③根気強さ

この3つがあれば受かるでしょう。



①英語力

河合や代ゼミなどのセンターリサーチを見てみると、国際教養大学(C日程)のセンターボーダーが約9割になってるはずですが(今年は英語184点がボーダーでした)、実際はあまり関係ありません。オレはセンター英語178点で挑みました。

まず、二次の配点がセンターと同じ(センター200:二次200)なので逆転は大いに可能です。二次試験に課される英語小論文の配点方式について、まだ実際には分からないのですが、まず内容を100点満点で採点し、次に文法ミスがある度に減点する方式だという見解が多いようです。小論文なので内容が最重要視されるのは言うまでも無いです。段落形式などについても配点が大きいみたいです。これについてはまた違う日に説明しようと思います。

肝心の英語力ですが、センターの文章を読めるぐらいで大丈夫だと思います。小論文を書く前の課題文はセンターのレベルよりも若干低いという実感がありました。過去問でも同じです。あ、過去問はやっても意味ないですよ、二度と同じ問題は出ないので。そして過去問の模範解答のレベルで書ける必要は全くありません。あの解答は立派過ぎます。オレは結構簡単な英単語を並べましたが、それでも受かることが出来ました。もし大学側から解答を返してもらえるのであれば記載しようと思います。・・・さすがに無理かな?笑

文法力は大事になってきます。文章を書く上で、前置詞と動詞の配列(要は熟語)がとても重要になってきます。それに、ちょっとした文法ミスは減点の対象となるので命取りです。現在完了か過去完了かなど、こういう細かい所にも気を配る必要があります。あとは名詞の対象が単数なのか複数なのか。これは最も注意しなければならない箇所の一つです。


例えば・・・

Some of the tectonic plates, such as the Pacific plate is composed almost entirely of oceanic crust.
(太平洋プレートのような地殻プレートのいくつかは、そのほぼすべてが、大洋の地殻により成り立っている)

という文章があったとしましょう。下線部が違うというのはすぐにお分かりいただけただろうか。Some of the tectonic plates という主語が複数形になっているのに対して、下線部は単数形を指すはずの is が用いられてます。ここは are composed と改めるべきですね。こういう細かい所がすごく大事になってきます。これは文章をひたすら書くことで身につきます。とにかく慣れるしかありません。

こういう意味で文法は特に大事になってきます。



②書いた文章を添削してくれる先生

これが無いと、自分が書いた小論文の欠点が分からなくなります。オレの場合は、学校の先生ではなく、純イギリス人であるお父さんに依頼してやってもらってました。

まず大事なのは、自分が書いた文章の文法的なミスをピックアップしてもらうことです。間違った文法箇所を全て紙に書き、正答を覚えていきます。そして次に文章を書くときにそれらの間違った文法事項を積極的に使って頭に叩き込みます。この繰り返しで必ず身につきます。

文法の指摘を頂いたら、次に書いた小論文の内容を評価してもらいます。これは社会科などの先生にやってもらったほうが良いかもしれません。いくら自分では良いと思い込んでる内容でも、思いもよらない知識の違いや考え方が浮き彫りになることがあります。それに、読んだ人の考えなどを参考にすることも出来ます。一番良いのは、読んでくれた先生に同じ題材で先生なりの論文を書いてもらうことですが、これはかなりの時間を要するので添削だけでも大丈夫です。

オレはお父さんが書いてくれたエッセイをひたすら読んで知識を溜め込みました。



③根気強さ

これも大事です。C日程の受験日がかなり遅いということもあって、センターから試験本番までの間のモチベーションの維持が重要になってきます。C日程以外にA日程やB日程、または国立大学の前期・後期を受ける人が多いかとは思いますが(A日程もB日程も英語小論文のような試験があるのでC日程の勉強は同時進行で可能です)、C日程のみを受ける人は相当つらい思いをすることになるでしょう。

周りの友達が次々に受験戦争から脱退します。私立大学に受かり、国公立大学前期に受かり・・・。本当に孤独な戦いになります。精神的につらいです。周りはみんな遊んでる中、自分一人は勉強しないといけません。卒業旅行の定番、ディズニーランドにも行けませんw

2ヶ月弱、いかに勉強をサボらずに出来るか、ここがすごく大事になります。毎日根気よく文章を書き続けた者が勝利を掴むことになるでしょう。



簡単にですが対策法を載せてみました。詳しい話はまた今度暇なときにでも書いて載せます。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://aiubaseman3.blog74.fc2.com/tb.php/20-1c8d35a4